儿童内侧行走

眼球運動(eye movement)と内股歩行について

关于眼动和内股行走

眼球運動(eye movement)と内股歩行について 内股歩行の子供たち行っている検査で、前庭動眼反射(VOR)という反射を調べることもあります。 なぜその検査が内股歩行に関係するのかについて解説いたします。 体の中では、 ①視覚:視覚による周囲の情報 ②前庭感覚:耳にある前庭半規管からの加速度や回転情報 ③体性感覚:筋肉(四肢や頸部など)や腱にある深部知覚による体の傾きや筋の緊張などの情報 これらの3つの情報が、中枢(脳幹や小脳)であわさって調整されることで、 身体の姿勢や運動のバランスが取られています(平衡感覚) これらの情報にずれが生じ、一致しないと、体のバランスがうまく取れず、 自分のからだが動いてないにもかかわらず、動いているような錯覚に陥って しまいます。これが子供たちのバランス感覚の鈍化や歩き方にも影響を及ぼしていると考えています。これらの調整が上手く行っているのかを見るために行う検査の一つが 前庭動眼反射(VOR)です。 前庭動眼反射(VOR)について  眼球運動は大きくは身体や頭部の移動に対して視対象が眼球内の網膜の中心窩から外れないようにするための運動視対象が網膜の中心窩に結像するための運動およびそのほかに分類されます。  この眼球運動で内股歩行の子供たちに実施しているのが、前庭動眼反射(VOR)です。この反射は、身体や頭部の移動時に視対象を網膜の中心窩にとらえつづけるための眼球運動であります。 この反射は、ある対象を注視している状態で頭部を動かしても対象を注視しつづけることができるかを見ています。これは前庭動眼反射によるもので頭部の移動方向と反対に眼球が移動することによって実現されている。その名のとおり内耳にある前庭器からの信号に基づいて眼球運動の方向や大きさが反射によって制御されるのです。 前庭動眼反射(VOR)検査方法 自宅でもできる簡単な方法として、子供たちに壁に貼ったシールを見るように伝えて、顔を左右に10回ずつ向けてもらい、その時にそのシールから目を離さないように伝えます。この時に立ち姿勢で背筋を伸ばし、身体も動かさないように行ってみてください。めまいや気分が悪くなるなどの症状がある場合は、無理させないでください。 (目と顔が一緒に動いてしまう場合は、この反射が上手く機能していない可能性があります。但し、小学校低学年では、上手くできないお子さんも多いです。) この反射が正常に働くということは、子供たちの姿勢制御が上手く調整できていることにも繋がると考えておりますので、このエラーがなくなるように当院では、子供たちに姿勢制御向上トレーニングを行っています。 *姿勢制御とは人間の中枢神経系(CNS)が他のシステムからの感覚情報を調節して適切な運動出力を生み出し制御された直立姿勢を維持する方法を示す用語です。姿勢制御とバランスに関わる主な3つの感覚システムは、上記に列挙した①視覚②前庭感覚③体性感覚です。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股歩行の子供たちの習慣で気になること

担心内腹行走儿童的习惯

内股歩行の子供たちの習慣 内股歩行の子供たちの来院は、この1、2年で急増しております。子供たちの成長過程での特徴をカウンセリングしておりますが、内股歩行の子供たちに共通していることがわかってきました。 以前もお伝えした、アンケート結果から80%の子供たちに見られた『ぺちゃんこ座り』は、その後も同様の結果となっています。その他の特徴で気になるのが、ハイハイ期間や立つ時期などです。 また、幼少から行ってきた、体操やスポーツ、そして学習塾などを時系列でお聞きしています。皆さん共通して毎日何かしたらの用事が入っています。そしてゲーム時間、自宅での学習時間、そして睡眠時間や寝方などです。 まだ、データは取れていませんが、その中で特に気になるのが『寝方』です。 この寝方で『うつ伏せ寝』の子供が多いことがわかってきました。このうつ伏せ寝は、原始反射の残存もあると考えます。うつ伏せ寝は、足首に対して底屈が余儀なくされます。この底屈が内股歩行と関連している可能性があリます。この子供たちが寝返りを沢山している時期は問題ないと思いますが、うつ伏せ寝が固定されている子供たちには、対応策が必要と思っています。その対応策の一つがまくらです。 まだまだ研究段階ですが、今回開発した子供用まくら『ゲー眠』を使用することにより、上向き寝が増えると考えています。また、実際にゲー眠使用している子供たちのお母さんから『うつ伏せ寝が減り、上向寝になってきた』との感想も伺っています。 ゲー眠エクササイズとゲー眠で寝ることにより、うつ伏せ寝の矯正に繋がると期待しております。 文責:木津直昭 内股歩行研究センターとは: 子供の歩き方や内股歩きの研究と施術に特化しております。『歩き方がおかしい』『子供がよく転ぶ』『内股歩き』『ペタペタ歩く』などのお悩みのお子さんが数多く来院されています。『内股歩き』を筋骨格系・機構神経的なアプローチを行い、根本から子供の自然な成長に合わせた状態で改善する施術を行っております。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

8月20日子供内股歩行セミナー後記

83月20日儿童内股行走研讨会后

8月20日の内股歩行セルフチェック&予防法セミナーですが、21名の方々に参加して頂きました。 子供の発達に関わる専門家も参加して頂き、有意義な時間になったと思っております。 このセミナーでお伝えした章立ては以下の内容です。 1 内股歩行とは? 2 なぜ内股歩行になるのか? 3 要因別 詳細 4 内股歩行によるリスク 5 セルフチェック法 6 予防法 7 その他、質問 その後、アンケートにお答え頂いたので、シェアさせて頂きます。 今回の姿勢勉強会(内股歩行)で解決した事、気づいた事、良かった事をお願いします! できるだけ具体的に書いてください。 ( 自由回答 , 8回提出 ) 1. 足と股関節・内股はよくみていましたが、頸との関連の重要性を今回改めて気付きました。 2. 内股を治そうと素人が考えると膝に注意がいきそうですが、座り方や寝方といった生活習慣に注意を向けるのがなるほどと思いました! 3. 先天性、生活習慣、骨格、神経系…色々な問題が整理出来ました。ありがとうございました? 普段の臨床が確信に変わりました。 4. 普段の座り方で気をつけること、外遊びをたくさんすること、下の子が1歳になるので今ハイハイしていて、沢山させた方が良いこと。 家で気を付けられることを知ることができて良かったです。 4歳の娘はうつ伏せで足を内、外に倒したときに開くようにほぼペタっといってしまいました。大腿骨過前捻なのかなと思いました。 5. 4歳の娘が立った時に足が土踏まずをべちゃっと潰した感じになっており、内股なのかなと思って参加したのですが、予防法など勉強することができてとても参考になり、また実践してみようと思いました! これから経過を見ていこうと思います! 6. 靴に拘る専門職が多い中、普通の靴でいいということには衝撃をうけました!瞬足に関しては絶対履かせないようにしていたので、間違っていないと確信しました。お店の方に勧められるので、構造上の疑問をぶつけたんですが、わかっていないようでした。腹臥位が内股に影響するとは知りませんでした。 7. 先股脱が発育性股関節形成不全と言われているとお聞きし、目からウロコでした。(私は看護師と養護教諭の資格も持っておりますが、やはり先天性と学びましたので) 全体的なお話を通し、子どもの頃の姿勢がその後の人生においても非常に影響を及ぼすことに気づきました。 視覚系の情報を多く受ける今の子ども達に、胎内から発達する固有受容系・前庭系の大切さも改めて感じました。 そして、私が今、行なっている親子でのレッスンも本日の学びを活かして自信を持ってお伝えしていきたいと思います。 症例の解説だけでなく、何に気をつけて観察し、どのように予防や改善をしていくかを具体的にお話いただき、専門家だけでなく一般の方にも理解しやすい有意義な会になったと感じます。

子供内股歩行セミナー前にお伝えしたいこと

在儿童内腹股沟步行研讨会之前要传达什么?

子供内股歩行セルフチェック&予防法オンラインセミナーが いよいよ今週末8月20日(土)21時から開催されます。 この内股セミナー直前に今回お伝えしたいことを以下にまとめてみました。 内股歩行とは、歩くまたは進行方向の直線に対して常に足軸が内側に向いている状態を言う。 大腿骨、下腿骨、距骨頚部は生下時の状態から、成長とともにその捻れが変化しながら大人の状態になる。通常では成長とともに大腿骨の前捻の角度が減じ、下腿骨は外旋し、距骨頚体角は内転の角度が減じていく。 これが子供の就寝位の形や、座位の習慣、遊びの肢位によりそれぞれの捻れの推移に影響を与え、最終的に歩行時の足部の向きとして表現されるもの。そして、ゲームや勉強の長時間化により脳機能神経の発達に影響を与え、結果として姿勢制御が上手く機能されていないことも考えられる。 今回のセミナーでは、これら内股の原因を豊富な資料から集め、それをチャートにして今後の対策・セルフケア・予防法についてわかりやすく解説する予定です。 2022年8月20日(土) 21時から22時(質疑応答含む) ズームオンライン 子供の内股歩行セルフチェック法&予防法 参加費:無料 注意事項:参加ご希望の方へは、アンケート用紙にご記入よろしくお願いいたします。 メールアドレスにズーム招待送らせて頂きます。 *ズームオンラインで行いますので、ZOOMアプリダウンロードよろしくお願いいたします。 *また、当日は顔出し、名前表示原則でよろしくお願いいたします。 *録音・録画全て禁止とさせて頂きます。 以下申し込みフォームからご入力よろしくお願いいたします。 https://forms.gle/zFpVBFvG5oFNUgZj6 文責:木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

データで見る内股歩行の原因

数据中内拐的原因

内股歩行の原因は様々ですが、一つの日常習慣として見逃せないのが 『ぺちゃんこ座り」です。 当院では昨年度から100名近くのお子さんが来院されていますが、そのうち68名のお子さんからのアンケート結果からも「内股歩行」と『ぺちゃんこ座り』の相関関係はあると言っても過言ではありません。 上記のように内股歩行で来院された子供の80%は、ぺちゃんこ座りの習慣がありました。 当院では、内股歩行の子供たちと楽しく内股改善トレーニングを行なっています! 少しでも気になる方は、お気軽にご相談くださいませ。 文責:木津直昭 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股小学生の足関節(ケース9)

内髋小学生的踝关节(案例9)

内股歩行 小学校4年生 8歳 男の子(舟状骨・距骨落下) 施術前:向かって左側の動画が、施術前の片足立ちです。足首の内側で、舟状骨・距骨が落下する動きがあるのが分かります。この足関節での動揺性亢進は内股歩行の要因の一つでもあります。 施術後は右側です。詳細については以下をご覧くださいませ。 症例ケースはこちらから Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股の要因:大腿骨前捻転

内股因素:股骨前扭转

内股の要因:大腿骨前捻について 子供内股歩行の骨格的な要因と考えられる、『大腿骨前捻』について解説と考察いたします。 一般にヒトには、生下時、30度の大腿骨前捻があると言われています。 そして、骨の成長と筋活動の増加により、この角度は6歳までに15度に減少すると言われている。 (Acta Orthop Scand 54:18-23,1983) 上記イラストは真上から股関節と右足を見たところですが、正常では、15度の前捻がありますが、過剰前捻では、この角度が35度以上になります。この過剰な前捻があると幼少時期には、股関節の関節適合性を得るために、自ら股関節を内旋し足首を内側に回すこと(内股)により調整しているのです。そのことからも、幼少期(6歳ぐらいまで)に多少の内股歩行であっても過度の心配はしなくてもいいと考えます。ただ、この前捻を助長するような姿勢や身体の使い方はできるだけ排除すべきです。その頃の骨は成長板(軟骨)が存在します。思春期(12~18歳)になると成長板から大人の骨へと変貌を遂げます。それまでに正常な成長に繋げていけるようにすべきと考えております。 成長板:骨の末端近くにある「成長板」(骨端線とも呼びます)には軟骨細胞が存在し、これが増えることで骨が長くなり、身長が伸びます。思春期が終わる頃には、この軟骨細胞が骨の細胞に置き換わるため、この段階で成長が終了します。 大腿骨前捻を助長させる一つの身体の使い方として、患者さんに注意してるのが『ぺちゃんこ座り』です。うちの子はやっていないと思われている親御さんも多くお見受けしますが、実際に子供たちに床に座ってもらうと、正座を少し崩したぺちゃんこ座りだったり、横に足を流す横すわりをしていることも少なくありません。お子さんを良く観察してみてください。(内股歩行の子供たちアンケート では、約90%の子供たちはぺちゃんこ座りをしていたか、現在もしています)  当院の内股歩行のお子さんには、これらの筋骨格系検査の他に機能神経検査を行なっています。この検査は脳のアンバランスをチェックいたします。成長期には、脳は左右の脳が均等に発達していくことが望ましいのですが、例えば、ゲーム時間長かったり、逆に外での飛び跳ねる時間が短かったりすることにより脳への刺激が偏り機能神経の正常な発達を妨げている可能性があります。この機能神経の左右差を取り除くことも、内股歩行の改善には重要と考えております。  最近、多くの子供達を検査・評価してきた思うのは、内股歩行は、単純な筋骨格系の問題ではなく、成長過程においての神経機能の低下や亢進など複雑な問題が絡み合って起きている可能性があるということです。 ■内股歩行の子供たちに対しては、三つの可能性について検査・評価・施術しております。 ①筋骨格系に問題(骨盤、股関節、膝関節、足関節など) ②機能神経系の問題(脳の左右バランスなど) ③上記①と②を合わせ持った問題 文責:木津直昭 *出典:筋骨格系のキネシオロジー(医歯薬出版)Donald A.Neumann()语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

内股歩行の原因についての考察

内股行走原因研究

内拐儿童来医院就诊人数继续增加。 对于内拐的孩子,我解释了三种可能性。 (1)肌肉骨骼系统的问题(骨盆、髋关节、膝关节、踝关节等)(2)功能神经系统的问题(如大脑的左右平衡)(3)上述(1)和(2)的组合问题 最近,我检查了和评估了许多孩子,我认为内股行走不是简单的肌肉骨骼系统问题,而是在生长过程中神经功能下降和增强等复杂问题。 有许多功能神经测试来评估它们,其中一个是"眼部测试",其中许多孩子最近呈阳性。 如果你的孩子在内拐吗? 家长,谁认为,尝试检查,如果这种偏转作为一个简单的检查方法。 在孩子面前,请把父母的食指从30厘米左右靠近孩子的眼睛和眼睛之间,看看两只眼睛是否都靠近眼睛。 然而,它不是"内股步行",不能"靠在眼睛"。 功能下降,如侧眼神经,不能靠在一边被怀疑。 它可能是左右大脑不平衡的东西。 如果您担心内股步行,请随时与我们联系! 官方网站 内股歩行研究中心 负责人 木津直昭 语言 本页被自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

日経「DUAL」取材協力『内股歩行について』

日经"DUAL"采访合作"关于内股步行"

日经xwoman让我与记者合作。 日经 x woman:面向 20 到 30 岁的 Web 媒体,用于发布代际交叉信息,"DUAL"用于工作妈妈和爸爸,ARIA 面向 40 至 50 岁,每个生命周期阶段由多个阶段组成。 我们采访了《日经新闻》! 主题是:"不出去玩"对孩子的态度有影响,如果孩子离开坏姿势会发生什么? 检查姿势恶化的风险! 关于内股步行的解释和检查方法也包括在内。 无论如何,我希望你读一读。 此处的文章已自动翻译语言此页面。 请注意,它可能与原始内容不同。

内股歩行症例ケース(1歳4ヶ月児)

内股行走病例(1岁零4个月大的儿童)

1年龄4个月大的婴儿 内股行走的改善病例 双脚内股O腿>双脚踝是内反足。 持续介入(输入)颈椎和骨盆。 手术开始时,前视频是1岁零4个月。 当我坐在婴儿车里时,我的身体倾向于向右移动。 足关节内反是担心两条腿O腿来医院。 在此处观看案例视频。 内反脚是强大的双脚O腿,这是明显的,即使看到视频。 然后,每月两次,从骨盆和颈椎继续治疗功能神经。 后视频是两岁。 效果逐渐出来。 身体向右倾斜的倾向也得到了改善,内腿O腿也呈改善趋势。 语言此页面已自动翻译。 请注意,它可能与原始内容不同。

KIZUカイロプラクティック アイコン 东京日本桥
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
平日 10:00~20:00
星期六 9:00~17:00
除公共假日外