子供内股歩行

小学生の内股歩行検査(脛骨捻転)

小学生の内股歩行検査(脛骨捻転)

内股歩行の検査方法として、脛骨の捻転を評価する検査があります。 大腿骨に対しての脛骨の捻転状態を特殊な分度器で測ります。 この写真の小学生(9歳)は、左足が12度の内捻、右足が8度の外捻でした。少し左の内捻が強いので、体幹の捻れを施術し、しっかり床反力を使えるようなエクササイズを含めた施術プランをたてました。 以下一般的な脛骨捻転検査とその評価について 脛骨捻転には外側への捻転(外捻)と内側への捻転(内捻)がある。脛骨の外捻は成長とともに起こる正常な現象であり出生時の0°から成人期までに20°まで変化する。外捻が問題となることはまれである。 内捻は出生時には一般的にみられるが典型的には成長とともに消失する。しかしながら過度の捻転は神経筋系の問題による場合がある。捻転はBlount病に伴って生じることもある( 股関節下肢および足の先天異常 : 内反膝および外反膝)。過度の捻転が長期間持続すると内旋歩行やO脚を来すことがある。 脛骨捻転を評価するには腹臥位で膝関節を90°屈曲させた状態で足の軸と大腿軸の角度を測定する。典型的には足の軸が大腿軸に対して10°外側に向いている。 院長 木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

小学生の巻き肩・内股歩行一年経過観察(続編)

考察: 内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子 前回のブログに症例報告した小学生ですが、その後1年経過観察し、月に一度施術を継続し経過良好です。 来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。 右動画(2020年2月)、前回6月の動画では、少し意識して外股にしている様子がありましたが、今は、意識せずに自然な歩行で内股が改善しています。 猫背は改善され、肩甲骨の動きがまだ固いですが、内股歩行に関しては親御さんが日常で確認していても、ほとんどしなくなったとの嬉しい報告です。 自宅でのセルフエクササイズでは、本人に自覚もでき継続しているおかげで体幹はかなり強化されました。 本人も姿勢の改善と内股歩き克服でき『良い姿勢』が楽と感じ始めているようです!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股歩きと猫背の改善(小学校4年生)

考察: 内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子 来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。 猫背と骨盤の後傾と股関節の内股矯正をすることにより2ヶ月で改善いたしました。自宅でのセルフエクササイズでは、体幹を強化し、腕振りエクササイズなど背中側の筋肉の意識をさせた結果早期に改善し、体幹もしっかりして本人も姿勢の改善と内股歩き克服の自信が出てきたようです。 KIZUカイロプラクティック(東京・日本橋) https://www.kizuchiro.com/ 治療に関してのご相談は TEL03-3272-1939 内股歩行研究センター https://uchimata-walk.com/ #巻き肩 #内股歩行 #子供内股 #扁平足Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股小学生の股ずれ

内股小学生の股ずれ

考察: 内股歩きの小学校4年生(9歳)男の子。当初、内股歩行で、股ずれがしていましたが、内股歩行の改善とともに股ずれがなくなってきました。 4月5日初回来院時 6月1日5回目来院時 まだまだ経過施術継続中ですが、骨盤の後傾と股関節の内股矯正をすることにより2ヶ月でだいぶ改善いたしました。自宅でのセルフエクササイズでは、アクティブな開脚運動や体幹の強化を行ってもらいました。 KIZUカイロプラクティック(東京・日本橋) https://www.kizuchiro.com/ 治療に関してのご相談は TEL03-3272-1939 内股歩行研究センター https://uchimata-walk.com/ #巻き肩 #内股歩行 #子供内股 #扁平足Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

小学生の巻き肩・扁平足・内股歩行の改善

考察: 巻き肩で、内股歩きの小学校4年生(9歳)男の子。当初、巻き肩で手の甲が前を向き歩いていました。猫背で骨盤後継の典型的な内股歩行です。前にしか足が出ずに、後ろには足が蹴れない状態でした。歩行時、腕を振れない子供が多いのは、肩甲骨が動いていないのと背中の意識がないからと考えられます。 まだまだ経過施術継続中ですが、巻き肩の矯正、骨盤の後傾と股関節の内股矯正をすることにより3週間でだいぶ改善いたしました。自宅でのセルフエクササイズでは、体幹の強化を行ってもらいました。 KIZUカイロプラクティック(東京・日本橋) https://www.kizuchiro.com/ 治療に関してのご相談は TEL03-3272-1939 内股歩行研究センター https://uchimata-walk.com/ #巻き肩 #内股歩行 #子供内股 #扁平足Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

子供の浮き指・内股歩行の改善

考察: 骨盤の後掲は股関節の開脚させにくくさせます。股関節自体より、骨盤と股関節の連動に着目すべきです。また、幼少時代から床座りで過ごす子供が多く、ぺちゃんこ座りや横座りが多いと股関節や骨盤のアライメントを崩す原因になりますので親御さんに注意して観察してもらいたいです。 股関節の痛みがある場合、臼蓋不全の疑いもあるので、無理に開脚したりするのは、リスクがあります。気になる場合は、整形外科で検査してもらうか、JCR登録カイロプラクターに相談しましょう!  Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股歩行の改善症例1

考察: 幼少より整形外科や接骨院などに通院し経過観察となり、状態が悪化していることに不安になり来院されました。他の療法としてギブス固定する方法も考えたが、外科的な方法ではなく、子供の成長に合わせた治癒力を生かした方法を探していたようです。当院では、股関節から膝関節そして足関節への連動を重要視し、また猫背という大きな負のファクターの治療も同時に行った結果、3ヶ月ぐらいから改善傾向になりました。  もし股関節の内旋異常がなく、膝下から足首にかけての歪みや先天的な異常に関しては、ギブス固定法を選択するべきかもしれません。しかし、筋肉や骨格のバランスによって起こる機能的障害での内股歩行が多いのです。  なぜ、この内股歩行になり、そのバランスが成長とともに改善しないか?を解決しないことには根本的な改善にはつながりません。其の原因がわからないで治療してもいい結果は生まれないのです。子供の成長に合わせた治療法を選択すべきだと思っています。 この男の子は、僕の提案したエクササイズや姿勢指導を根気よく行ってくれました。おかげさまで早期に回復方向に向かったと思われます。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン 도쿄 니혼바시
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
평일 10:00-20:00
土曜日 9:00-17:00
祝日を除く