Intra-child crotch walking

内股の要因:大腿骨前捻転

内股の要因:大腿骨前捻転

内股の要因:大腿骨前捻について 子供内股歩行の骨格的な要因と考えられる、『大腿骨前捻』について解説と考察いたします。 一般にヒトには、生下時、30度の大腿骨前捻があると言われています。 そして、骨の成長と筋活動の増加により、この角度は6歳までに15度に減少すると言われている。 (Acta Orthop Scand 54:18-23,1983) 上記イラストは真上から股関節と右足を見たところですが、正常では、15度の前捻がありますが、過剰前捻では、この角度が35度以上になります。この過剰な前捻があると幼少時期には、股関節の関節適合性を得るために、自ら股関節を内旋し足首を内側に回すこと(内股)により調整しているのです。そのことからも、幼少期(6歳ぐらいまで)に多少の内股歩行であっても過度の心配はしなくてもいいと考えます。ただ、この前捻を助長するような姿勢や身体の使い方はできるだけ排除すべきです。その頃の骨は成長板(軟骨)が存在します。思春期(12~18歳)になると成長板から大人の骨へと変貌を遂げます。それまでに正常な成長に繋げていけるようにすべきと考えております。 成長板:骨の末端近くにある「成長板」(骨端線とも呼びます)には軟骨細胞が存在し、これが増えることで骨が長くなり、身長が伸びます。思春期が終わる頃には、この軟骨細胞が骨の細胞に置き換わるため、この段階で成長が終了します。 大腿骨前捻を助長させる一つの身体の使い方として、患者さんに注意してるのが『ぺちゃんこ座り』です。うちの子はやっていないと思われている親御さんも多くお見受けしますが、実際に子供たちに床に座ってもらうと、正座を少し崩したぺちゃんこ座りだったり、横に足を流す横すわりをしていることも少なくありません。お子さんを良く観察してみてください。(内股歩行の子供たちアンケート では、約90%の子供たちはぺちゃんこ座りをしていたか、現在もしています)  当院の内股歩行のお子さんには、これらの筋骨格系検査の他に機能神経検査を行なっています。この検査は脳のアンバランスをチェックいたします。成長期には、脳は左右の脳が均等に発達していくことが望ましいのですが、例えば、ゲーム時間長かったり、逆に外での飛び跳ねる時間が短かったりすることにより脳への刺激が偏り機能神経の正常な発達を妨げている可能性があります。この機能神経の左右差を取り除くことも、内股歩行の改善には重要と考えております。  最近、多くの子供達を検査・評価してきた思うのは、内股歩行は、単純な筋骨格系の問題ではなく、成長過程においての神経機能の低下や亢進など複雑な問題が絡み合って起きている可能性があるということです。 ■内股歩行の子供たちに対しては、三つの可能性について検査・評価・施術しております。 ①筋骨格系に問題(骨盤、股関節、膝関節、足関節など) ②機能神経系の問題(脳の左右バランスなど) ③上記①と②を合わせ持った問題 文責:木津直昭 *出典:筋骨格系のキネシオロジー(医歯薬出版)Donald A.Neumann()Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original content.

内股歩行の原因についての考察

A study on the cause of inner crotch walking

The number of visits to the hospital of the child who walks in the inside of the crotch continues to increase. For children walking in the crotch, we will explain three possibilities. (1) Problems with the musculoskeletal system (pelvis, hip joint, knee joint, ankle joint, etc.) (2) Problems of the functional nervous system (left and right balance of the brain, etc.) (3) Problems with the above (1) and (2) Recently, I think that many children have been examined and evaluated, but complex problems such as decrease in neural function and enhancement in the growth process may be intertwined. In order to evaluate them, it is necessary to perform many functional nerve tests, but among them, "close eye test" is the one that many children have become positive recently. What if your child is walking in the crotch? Parents who seemed to be please check whether they can look at this as a simple inspection method. Please bring your parent's index finger closer to your child's eyes from about 30 centimeters in front of your child, and check whether both eyes can be seen at that time. However, it is not "inner crotch walking" that "close eyes" can not be done. It is suspected that the function of the ocular nerve etc. on the side where the close is not able to be seen is suspected. It has the potential for some kind of imbalance in the left and right brains. If you are worried about walking in the crotch, please feel free to contact us! Official website Uchimata Gait Research Center President Naoaki KizuLanguage This page was automatically translated. Please note that it may differ from the original contents.

日経「DUAL」取材協力『内股歩行について』

Nikkei "DUAL" Coverage Cooperation "About Inner Walking"

I was able to cooperate with Nikkei x woman coverage. Nikkei x woman: Web media that transmits information across generations and generations"Doors" for 20s and 30s, "DUAL" for working moms and dads, and "ARIA" for 40s and 50s are composed of each life stage. We received coverage of Nikkei "DUAL"! The theme is: The effect of "not playing outside" on children's postures What happens if children's bad postures are left unattended? Check the risk of posture deterioration! Explanation and check method about the inside crotch walking is also posted. By all means, I think that you can read it. The article was automatically translated from here for Language. Please note that it may differ from the original contents.

内股歩行症例ケース(1歳4ヶ月児)

Case of internal walking (1 year and 4 months old)

14-month-old infant Improvement case of internal crotch walking Both legs in the crotch O leg and both ankles were inverted legs. We have continuously intervened (input) the cervical spine and pelvis. At the start of the treatment, before video is 1 year and 4 months old. When I'm sitting in a stroller, my body tends to the right. The foot joint invertility is anxious by both feet O leg and it comes to the hospital. Please see the case video here. Even if I watched the video, both legs were strong with both legs O legs. Then, twice a month, the treatment is continued from the pelvis and cervical spine to approach the functional nerve. After the video is 2 years old. The effect came out gradually. The habit that the body leans to the right has also improved, and the internal crotch O leg has also improved. Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

内股歩行症例・機能神経ケース(case6)

Internal walking cases and functional nerve cases(case6)

A case of a 11-year-old boy walking in the crotch in a child It is a walk at the time of visiting on April 1, 2021 and a walk change again on April 8, a week later. The cause of internal crotch walking can be roughly divided into the musculoskeletal system and the functional nervous system, but this boy's approach to the functional nervous system led to an early improvement! My mother was also delighted. Please see the case video here. Language This page has been translated automatically. Please note that it may differ from the original contents.

Inner crotch treatment: Voice from father

息子が内股で悩んでいたのですが、この病院をホームページで見つけてすがる思いで。 通院して3週間。現在まだ通院中ですが本当にみるみる変化を遂げて幼少期からサッカーをやらせていたのですが、全く浮かず飛ばずのボールが今ではたったこの3週間のトレーニングで本当にしっかり蹴れるようになりました。 感謝しかありません。 かんたパパより ======================== かんたパパさんありがとうございます!息子さんがんばっていますね!明らかに体幹もできてきたし、足の内股も改善方向に向かっています。そして何より本人が治そうと思い始めているのが一番です。一緒にがんばりましょう! 院長 木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

小学生の内股歩行検査(脛骨捻転)

Inner crotch walking test of elementary school students (tibia volvulus)

内股歩行の検査方法として、脛骨の捻転を評価する検査があります。 大腿骨に対しての脛骨の捻転状態を特殊な分度器で測ります。 この写真の小学生(9歳)は、左足が12度の内捻、右足が8度の外捻でした。少し左の内捻が強いので、体幹の捻れを施術し、しっかり床反力を使えるようなエクササイズを含めた施術プランをたてました。 以下一般的な脛骨捻転検査とその評価について 脛骨捻転には外側への捻転(外捻)と内側への捻転(内捻)がある。脛骨の外捻は成長とともに起こる正常な現象であり出生時の0°から成人期までに20°まで変化する。外捻が問題となることはまれである。 内捻は出生時には一般的にみられるが典型的には成長とともに消失する。しかしながら過度の捻転は神経筋系の問題による場合がある。捻転はBlount病に伴って生じることもある( 股関節下肢および足の先天異常 : 内反膝および外反膝)。過度の捻転が長期間持続すると内旋歩行やO脚を来すことがある。 脛骨捻転を評価するには腹臥位で膝関節を90°屈曲させた状態で足の軸と大腿軸の角度を測定する。典型的には足の軸が大腿軸に対して10°外側に向いている。 院長 木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

One-year follow-up of elementary school students' winding shoulders and inner crotch walking (sequel)

考察: 内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子 前回のブログに症例報告した小学生ですが、その後1年経過観察し、月に一度施術を継続し経過良好です。 来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。 右動画(2020年2月)、前回6月の動画では、少し意識して外股にしている様子がありましたが、今は、意識せずに自然な歩行で内股が改善しています。 猫背は改善され、肩甲骨の動きがまだ固いですが、内股歩行に関しては親御さんが日常で確認していても、ほとんどしなくなったとの嬉しい報告です。 自宅でのセルフエクササイズでは、本人に自覚もでき継続しているおかげで体幹はかなり強化されました。 本人も姿勢の改善と内股歩き克服でき『良い姿勢』が楽と感じ始めているようです!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Improvement of inner crotch walking and back (4th grade of elementary school) case 5

Discussion: A boy in the fourth grade (9 years old) of the elementary school walking in the inner crotch at the time of coming to the hospital (April 2019), I walked petapeta in the left and right crotch with the shoulder and the back of the cat wound by the inner crotch walking as shown in the left video. It was improved in two months by the back inclination of the back of the cat's back and pelvis and the inner crotch correction of the hip joint. In self-exercise at home, the trunk is strengthened, and it improves early as a result of making the consciousness of the muscle of the back side such as the arm swing exercise, and the trunk seems to have improved posture well, and confidence of overcoming the inner crotch walk came out. KIZU Chiropractic (Nihonbashi, Tokyo) https://www.kizuchiro.com/ For consultation on treatment, please contact TEL03-3272-1939 Inner Crotch Walking Research Center https://uchimata-walk.com/ #巻き肩 #内股歩行 #子供内股 #扁平足Languageこのページは自動的に翻訳されました. Please note that it may differ from the original content.

内股小学生の股ずれ(ケース4)

Crotch misalignment of internal elementary school students (Case 4)

Discussion: A 4th grade (9-year-old) boy in the elementary school walking inside. At first, in the inner crotch walking, but the crotch deviation was lost with the improvement of the inner crotch walking. At the time of the first visit on April 5, at the time of the 5th visit on June 1, the progress treatment is still continuing, but it has improved considerably in two months by the back tilt of the pelvis and the inner crotch correction of the hip joint. During self-exercise at home, we had them exercise actively and strengthen the trunk. KIZU Chiropractic (Nihonbashi, Tokyo) https://www.kizuchiro.com/ For consultation on treatment, please contact TEL03-3272-1939 Inner Crotch Walking Research Center https://uchimata-walk.com/ #巻き肩 #内股歩行 #子供内股 #扁平足Languageこのページは自動的に翻訳されました. Please note that it may differ from the original content.

KIZUカイロプラクティック アイコン Tokyo Japan bridge
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
weekday 10:00~20:00
Saturday 9:00~17:00
Excluding public holidays