2024February of the Year

内股歩行施術の現状について

About the current status of inner thigh walking treatment

内股歩行施術の現状について 2024年もスタートし、早くも2月中旬です。 今年は、内股歩行研究には、更に注力していく所存であります。 引き続きよろしくお願いいたします。 今年の年初に立てた抱負には、内股歩行の更なる深掘りも入れております。 あっという間に時は過ぎるので、ここで一度現状を整理したいと思います。 ①子供たちが内股歩行する原因は、主に大腿骨過前捻にある。 (大腿骨過前捻に関しては以前のブログをご覧ください。) ②この大腿骨過前捻があるとぺちゃんこ座りになりやすい。(無理に開脚すべきではない) ③なぜ、大腿骨過前捻が残るのか?その原因は、赤ちゃん時からの習慣が大きい。 ④赤ちゃんの習慣によって何か起こるのか?骨格や脳への機能低下が起きる。 ⑤その機能低下には適切な介入が必要である。骨格・機能神経への適切かつ継続的なアプローチが重要である。 ⑥その赤ちゃんからの習慣に関しては、親御さんのコメントand 成長段階の動画を観察すべきである。 ⑦幼少からの動画は貴重な資料になる。 ⑧大腿骨過前捻のKIZU式内股検査も開発できたので、評価しやすくなり変化も感じやすい。 ⑨一般的な小学生高学年であれば、足から骨盤にかけての簡単解剖学を教えることにより意識しやすくなる。 注:内股だからと言って、無理に足を開かせたりすべきではない。 上記のポイントとプランで、以下の介入をしていくことが重要である。 *定期的な検査と施術、日常習慣、日常トレーニング、シューズ選び、シューズ履き方、動画撮影&観察 近日中に、内股歩行勉強会を開催いたします。(有料になります。) 以下、姿勢の匠 LINE公式にご登録よろしくお願いいたします。日程のお知らせをいたします。 では、引き続き内股歩行研究を深めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします! *メール相談ですが、年末から質問が殺到して返信が遅れている方がいらっしゃいます。 大変お待たせしてしまって申し訳ありません、必ず返信いたしますのでよろしくお願いいたします。 内股歩行研究センター  代表 木津直昭  Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン Tokyo Japan bridge
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
weekday 10:00~20:00
Saturday 9:00~17:00
Excluding public holidays