2023年February

成長期に多いシンスプリント

Shin splints are common during the growing season

■シンスプリントについて: シンスプリントとは、脛骨過労性骨膜炎(英語で Medial Tibial Stress Syndrome)を指し、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生することを特徴とします。(外側の場合もあり) 最近ではマラソンランナーに多く、学生では、走ることやジャンプすることの多いサッカー、バレーボール、バスケットボール、陸上の選手にも発生しやすい。特に成長期に多い疾患であり、中学生になって、運動をしていなかった子供が急に過度な練習をしたことにより起こりやすい疾患でもあります。 ■症状に分類 シンスプリントは状態に応じて、以下のように分類できます。 ステージ1:運動時のみ痛みがある ステージ2:運動前後に痛みがあるが、スポーツ活動に支障はない ステージ3:運動前中後に痛みがあり、スポーツ活動に支障をきたす ステージ4:痛みが強くスポーツ活動は不可能 ステージ3以上では運動を中止する必要があります。 ■原因について: シンスプリントの直接原因は、足から脛骨にかけて繋がっている筋群の過剰な負荷が、足の脛骨を覆っている骨膜に対して引っ張る(剥がす)刺激が加えられるために起こす障害です。 オーバーユース(使い過ぎ)によるものや、床からの運動連鎖による障害が考えられます。結果、脛骨骨膜に過剰な負担が重なると炎症を起こすため、腫れや痛みが生じることになります。 痛みや腫れを放置したままスポーツを続けると、重症化して「疲労骨折」となり、しばらく運動禁止となる可能性もあるので、速やかに適切な対応が必要です。 一般的な対処法 症状悪化および慢性化を防ぐために、運動量を減らす 運動前後のアイシング(氷で患部を冷やす) 湿布などの鎮痛消炎剤(整形外科検査) 上記の連鎖を改善させる機能トレーニング 自分の足のクセに応じたシューズ選び。 状態によって足底板(インソール?靴の中敷き)の使用 KIZUカイロプラクティックの特に重要な介入方法として ①床からの運動連鎖である上行性連鎖を整えるための施術 ②足関節のアライメント矯正(舟状骨・立法骨・距骨など) ③骨盤・腰椎・頚椎のアライメント矯正 シンスプリントジャンプ修正動画はこちらから ■考察  上記の動画は、シンスプリントに多いジャンプの仕方を修正したものになります。初めの動画にあるように、着時に足関節が回内足になることにより内側に位置する舟状骨~距骨が落下し足底アーチが崩れた状態になります。この落下が繰り返されることにより上位にある脛骨骨膜に付着する筋群が骨膜から剥がれるような負荷により徐々に痛みが発生すると思われます。 文責:木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン Tokyo Japan bridge
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
weekday 10:00~20:00
土曜日 9:00~17:00
Excluding public holidays