2022ano

抗重力ウォーキングセミナー

抗重力ウォーキングセミナー

(大人向けセミナーのお知らせ) 第12回 抗重力ウォーキング オンラインセミナー  日本人の70歳以上の95%は変形性疾患( 膝・腰・股関節)に罹患しているという報告があります。(東大22世紀研究)闇雲に歩くと変形性になっている可能性が高いのです。その原因は、重力の存在です。重力を味方に付ける歩き方『抗重力ウォーキング』は、全ての方に必須の歩き方だと確信しております。是非、この抗重力ウォーキングを多くの方に知ってもらいたいと思い企画いたしました。外へ出て重力を味方につけて颯爽と歩きましょう!  今回のセミナーでは、カラダを抗重力にさせる歩き方のコツや姿勢ニュートラルリセットエクササイズを含めた内容の濃い70分になります。 *是非、お子さんとご一緒にご参加ください! 受講料:3000円(募集人数20名) 日程:6月4日(solo) 21:00~22:10 (質疑応答含む) 講師:木津直昭 申し込みは、以下予約フォームからよろしくお願いいたします。入金確認された時点で確定になります。 (申込期限:5月31日)詳細&申込フォームはこちらから Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

内股の要因:大腿骨前捻転

内股の要因:大腿骨前捻転

内股の要因:大腿骨前捻について 子供内股歩行の骨格的な要因と考えられる、『大腿骨前捻』について解説と考察いたします。 一般にヒトには、生下時、30度の大腿骨前捻があると言われています。 そして、骨の成長と筋活動の増加により、この角度は6歳までに15度に減少すると言われている。 (Acta Orthop Scand 54:18-23,1983) 上記イラストは真上から股関節と右足を見たところですが、正常では、15度の前捻がありますが、過剰前捻では、この角度が35度以上になります。この過剰な前捻があると幼少時期には、股関節の関節適合性を得るために、自ら股関節を内旋し足首を内側に回すこと(内股)により調整しているのです。そのことからも、幼少期(6歳ぐらいまで)に多少の内股歩行であっても過度の心配はしなくてもいいと考えます。ただ、この前捻を助長するような姿勢や身体の使い方はできるだけ排除すべきです。その頃の骨は成長板(軟骨)が存在します。思春期(12~18歳)になると成長板から大人の骨へと変貌を遂げます。それまでに正常な成長に繋げていけるようにすべきと考えております。 成長板:骨の末端近くにある「成長板」(骨端線とも呼びます)には軟骨細胞が存在し、これが増えることで骨が長くなり、身長が伸びます。思春期が終わる頃には、この軟骨細胞が骨の細胞に置き換わるため、この段階で成長が終了します。 大腿骨前捻を助長させる一つの身体の使い方として、患者さんに注意してるのが『ぺちゃんこ座り』です。うちの子はやっていないと思われている親御さんも多くお見受けしますが、実際に子供たちに床に座ってもらうと、正座を少し崩したぺちゃんこ座りだったり、横に足を流す横すわりをしていることも少なくありません。お子さんを良く観察してみてください。(内股歩行の子供たちアンケート では、約90%の子供たちはぺちゃんこ座りをしていたか、現在もしています)  当院の内股歩行のお子さんには、これらの筋骨格系検査の他に機能神経検査を行なっています。この検査は脳のアンバランスをチェックいたします。成長期には、脳は左右の脳が均等に発達していくことが望ましいのですが、例えば、ゲーム時間長かったり、逆に外での飛び跳ねる時間が短かったりすることにより脳への刺激が偏り機能神経の正常な発達を妨げている可能性があります。この機能神経の左右差を取り除くことも、内股歩行の改善には重要と考えております。  最近、多くの子供達を検査・評価してきた思うのは、内股歩行は、単純な筋骨格系の問題ではなく、成長過程においての神経機能の低下や亢進など複雑な問題が絡み合って起きている可能性があるということです。 ■内股歩行の子供たちに対しては、三つの可能性について検査・評価・施術しております。 ①筋骨格系に問題(骨盤、股関節、膝関節、足関節など) ②機能神経系の問題(脳の左右バランスなど) ③上記①と②を合わせ持った問題 文責:木津直昭 *出典:筋骨格系のキネシオロジー(医歯薬出版)Donald A.Neumann()Idioma Esta página foi traduzida automaticamente. Solicitamos atenção no uso das informações fornecidas.

よく転ぶ子供たち

よく転ぶ子供たち

内股歩行で来院される子供たちの特徴の一つに幼少の頃から足が交差して転ぶことが挙げられます。 そして、幼少時期だけではなく、10~12歳になっても足が交差して転ぶ子供たちも珍しくありません。 なぜでしょうか? もちろん外遊びが少なくなり、バランス感覚や体性感覚が鈍くなっているのも一因ですが、そもそも公園などでも少しバランスが難しい、怪我しそうな遊具などが取り除かれ、安全第一になっているのも影響しているのではないでしょうか?ある程度危険が伴う遊具は、子供たちの脳を刺激して、正常な機能神経ネットワークが自然に育まれるのだと思います。 内股歩行の子供たちに対しては、三つの可能性について説明させて頂いております。 ①筋骨格系に問題(骨盤、股関節、膝関節、足関節など) ②機能神経系の問題(脳の左右バランスや固有受容感覚や体性感覚など) ③上記①と②を合わせ持った問題  最近、多くの子供達を検査・評価してきた思うのは、内股歩行は、単純な筋骨格系の問題ではなく、成長過程においての神経機能の低下や亢進など複雑な問題が絡み合って起きている可能性があるのです。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

子供の姿勢を観察する!

Observe a postura da criança!

子供の内股歩行で来院される方が増えています。 来院された子供たちのアンケート結果より、赤ちゃんから幼少期にかけての、ハイハイやその後の座り方(イラスト:ぺちゃんこ座り)なども影響しております。 10歳ぐらいまでに自然に回復するケースもあるのですが、最近の内股の子供たちは、経過観察したのち変化なく来院されている子供が増えております。 また、お母さんは隣で歩くことが多く、あまり後ろ姿に気がつかないで成長しているというケースも見受けられます。(運動会で初めて気づいた等)お子さんの後方から歩く姿を一度観察してみるのも必要と感じております。 子供はあっという間に大きくなりますよね! 座り方や歩き方など、子供の成長を少し違った角度からも観察してみましょう! 上写真のお子さんは、いつもの正座をしてもらいましたが、左股関節は内旋していて、軽くぺちゃんこ座りをしているのと変わりませんので、注意必要です。 文責:木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

抗重力を味方につける!

Coloque antigravidade do seu lado!

明日2022年2月12日 21時から開催予定の 抗重力ウォーキング オンラインセミナー お陰様で定員になりました!  今回の『抗重力ウォーキングセミナー』でお伝えしたいのは、身体の持っている自然な機能を使えば、楽に負担なく、床反力を使って歩けるということです。重力を味方にしない時、皆さんが感じる痛みや不調の原因として大きな比重を占めていると思っています。人は重力に負けてしまうとカラダのどこかに載せます。  関節だったり内臓だったり、様々な組織に負担をかけてしまうのです。但し、人間にはこの重力に拮抗する働きを持っているのです。この機能を使うのが抗重力ウォーキングなのです。 重力を味方につけるか否かで人生が変わってくるのです! このコロナ禍だからこそ外へ出て重力を味方につけて颯爽と歩きましょう! 文責:木津直昭 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Seminário de Caminhada antigravidade

抗重力ウォーキング オンラインセミナー開催のお知らせ 今回のセミナーは、親御さん向けですが是非、お子さんとご一緒に視聴してください!  日本人の70歳以上の95%は変形性疾患( 膝・腰・股関節)に罹患しているという報告があります。(東大22世紀研究)闇雲に歩くと変形性になっている可能性が高いのです。その原因は、重力の存在です。重力を味方に付ける歩き方『抗重力ウォーキング』は、全ての方に必須の歩き方だと確信しております。是非、この抗重力ウォーキングを多くの方に知ってもらいたいと思い企画いたしました。このコロナ禍だからこそ外へ出て重力を味方につけて颯爽と歩きましょう!  今回のセミナーでは、カラダを抗重力にさせる歩き方のコツや姿勢ニュートラルリセットエクササイズを含めた内容の濃い70分になります。希望者には、事前に歩き方動画を送って頂き、パーソナルな歩き方分析もいたします。 受講料:3000円(募集人数20名)残り5名様 日程:2月12日(solo) 21:00~22:10(質疑応答含む) 講師:木津直昭 申し込みは、以下予約フォームからよろしくお願いいたします。 入金確認された時点で確定になります。(申込期限:2月10日) 詳細&申込フォーム https://forms.gle/Pn8kUo2FzuuzVyaD9 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

2022年感染対策

2022Controle de Infecção em 2008

 東京都は、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、21日から2月13日までのまん延防止等重点措置のもとで、都内全域を対象に行う要請の内容を決めました。 都民に対しては、不要不急の外出を自粛し、混雑している場所や時間を避けて行動することや、時短営業をしていない飲食店にみだりに出入りしないことなどを要請しました。  当院のコロナ感染対策は、引き続き強化しております。当院は全ての施術室(5部屋)が個室でありますので他の患者との接触はできる限り避けて施術しております。  また、大変ご迷惑をお掛けしておりますが、患者さんの予約時間をできるだけ余裕を持って承っておりますので、予約取りにくい時間帯もござますが、何卒よろしくお願いいたします。 ・院入り口での、アルコール消毒 ・院入り口での、抗菌スリッパ、患者用簡易手袋 ・受付は、ビニールシート飛沫防止 ・受付での患者さん体温計測 ・酸素飽和度計測器の設置(パルスオキシメーター) ・待合では、空気清浄機、オゾン発生器 ・各部屋でのアルコール消毒 ・院内・ベッド清掃適時 ・スタッフ、受付、施術者のマスク着用・手指消毒 ・換気の徹底  オミクロン感染者数が急増し、予断は許さない状況だと思っております。引き続き感染対策を強化し続けながら、お辛い身体の方のお役に立てるようにスタッフ一同日々精進しております。引き続きよろしくお願いいたします。 2022年1月21日 代表 木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン Ponte do Japão Tóquio
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
Semana 10:00~20:00
Sábado 9:00-17:00
Excluindo feriados