2022年September

内股歩行の子供たちの習慣で気になること

What bothers children with inner thighs

内股歩行の子供たちの習慣 内股歩行の子供たちの来院は、この1、2年で急増しております。子供たちの成長過程での特徴をカウンセリングしておりますが、内股歩行の子供たちに共通していることがわかってきました。 以前もお伝えした、アンケート結果から80%の子供たちに見られた『ぺちゃんこ座り』は、その後も同様の結果となっています。その他の特徴で気になるのが、ハイハイ期間や立つ時期などです。 また、幼少から行ってきた、体操やスポーツ、そして学習塾などを時系列でお聞きしています。皆さん共通して毎日何かしたらの用事が入っています。そしてゲーム時間、自宅での学習時間、そして睡眠時間や寝方などです。 まだ、データは取れていませんが、その中で特に気になるのが『寝方』です。 この寝方で『うつ伏せ寝』の子供が多いことがわかってきました。このうつ伏せ寝は、原始反射の残存もあると考えます。うつ伏せ寝は、足首に対して底屈が余儀なくされます。この底屈が内股歩行と関連している可能性があリます。この子供たちが寝返りを沢山している時期は問題ないと思いますが、うつ伏せ寝が固定されている子供たちには、対応策が必要と思っています。その対応策の一つがまくらです。 まだまだ研究段階ですが、今回開発した子供用まくら『ゲー眠』を使用することにより、上向き寝が増えると考えています。また、実際にゲー眠使用している子供たちのお母さんから『うつ伏せ寝が減り、上向寝になってきた』との感想も伺っています。 ゲー眠エクササイズとゲー眠で寝ることにより、うつ伏せ寝の矯正に繋がると期待しております。 文責:木津直昭 内股歩行研究センターとは: 子供の歩き方や内股歩きの研究と施術に特化しております。『歩き方がおかしい』『子供がよく転ぶ』『内股歩き』『ペタペタ歩く』などのお悩みのお子さんが数多く来院されています。『内股歩き』を筋骨格系・機構神経的なアプローチを行い、根本から子供の自然な成長に合わせた状態で改善する施術を行っております。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

子供成長期二刀流まくら『ゲー眠』新開発

Child Growth Period Two Sword Style Pillow "Game Sleep" New Development

寝ている間にゲーム姿勢・勉強姿勢をリセットする二刀流まくら 小学校5年生~中学3年生までの大切な成長期5年間 その大切な期間専用のまくらです! 「ゲー眠(ミン)』は、ゲームをする子供たちの強い味方です! ゲー眠エクササイズは、寝る前の2分間でゲームや勉強で前傾した背骨をリセットして快適な睡眠へと導きます。 □ゲー眠公式サイトはこちらから ゲー眠は、お子さんの大切な成長期のために開発されたまくらです。幼少期は寝返りを何度も行い、じっとして寝ていることはほとんどありません。但し、身体が大きくなるに従って、同じ姿勢で寝る時間が増えてきます。そんな成長期は、子供たちは勉強やゲームで前屈みの姿勢が多くなり猫背やストレートネックになりやすい状態でもあります。その崩れた姿勢を寝る前の簡単な『ゲー眠2分間エクササイズ』でリセットできる二刀流まくらなのです! □ゲーム姿勢をリセットするゲー眠エクササイズ動画はこちらから *KIZUカイロプラクティックグループの代表院長である木津直昭(WHO基準カイロプラクター)が開発したストレートネックをリセットするために開発された博士まくらは、2000年に発売以来累計1万個を販売した実績があります。その開発ノウハウを成長期の子供たち向けに開発したのがこの『ゲー眠』です。 □ゲー眠販売公式サイトはこちらからLanguageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン Tokyo Japan bridge
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
weekday 10:00~20:00
Saturday 9:00~17:00
Excluding public holidays