2022年May

内股小学生の足関節(ケース9)

Ankle joint of an elementary school student in the inner crotch (Case 9)

Inner thigh walking 4th grade elementary school 8 years old boy (scaphoid / talus fall) Before the procedure: The video on the left is standing on one leg before the treatment. On the inside of the ankle, you can see that there is a movement of the scaphoid and talus to fall. This increased mobility in the ankle joint is also one of the factors of inner thigh gait. After the procedure, it is on the right side. Please see below for details. Click here for case cases in LanguageThis page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original content.

抗重力ウォーキングセミナー

Anti-gravity walking seminar

(Seminar for adults) The 12th Anti-Gravity Walking Webinar It has been reported that 95% of Japan people over the age of 70 suffer from osteoarthritis (knee, hip, hip). (The University of Tokyo 22nd Century Research) There is a high possibility that walking in the dark will make you deformable. Its cause is the presence of gravity. We are convinced that "anti-gravity walking", a way of walking with gravity on your side, is an essential way for everyone. We planned this event because we would like many people to know about this anti-gravity walking. Let's go outside and walk briskly with gravity on your side!  This seminar will be a rich 70 minutes, including tips on how to walk to make the body anti-gravity and posture neutral reset exercises. *Please join us with your child! Tuition: 3,000 yen (20 applicants) Date: June 4(earth)21:00~22:10 (including Q&A) Lecturer: Naoaki Kizu Please apply from the reservation form below. It will be confirmed when payment is confirmed. (Application deadline: May 31) Click here for details & application form Language This page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original contents.

内股の要因:大腿骨前捻転

Factors of the inner thigh: femoral anterior torsion

Factors of the inner thigh: About the anterior twist of the femur We will explain and discuss the "anterior twist of the femur", which is considered to be a skeletal factor of walking in the inner thigh in children. In general, it is said that humans have a 30-degree anterior femoral twist at birth. And it is said that due to bone growth and increased muscle activity, this angle decreases to 15 degrees by the age of six. (Acta Orthop Scand 54:18-23,1983) 上記イラストは真上から股関節と右足を見たところですが、正常では、15度の前捻がありますが、過剰前捻では、この角度が35度以上になります。この過剰な前捻があると幼少時期には、股関節の関節適合性を得るために、自ら股関節を内旋し足首を内側に回すこと(内股)により調整しているのです。そのことからも、幼少期(6歳ぐらいまで)に多少の内股歩行であっても過度の心配はしなくてもいいと考えます。ただ、この前捻を助長するような姿勢や身体の使い方はできるだけ排除すべきです。その頃の骨は成長板(軟骨)が存在します。思春期(12~18歳)になると成長板から大人の骨へと変貌を遂げます。それまでに正常な成長に繋げていけるようにすべきと考えております。 成長板:骨の末端近くにある「成長板」(骨端線とも呼びます)には軟骨細胞が存在し、これが増えることで骨が長くなり、身長が伸びます。思春期が終わる頃には、この軟骨細胞が骨の細胞に置き換わるため、この段階で成長が終了します。 大腿骨前捻を助長させる一つの身体の使い方として、患者さんに注意してるのが『ぺちゃんこ座り』です。うちの子はやっていないと思われている親御さんも多くお見受けしますが、実際に子供たちに床に座ってもらうと、正座を少し崩したぺちゃんこ座りだったり、横に足を流す横すわりをしていることも少なくありません。お子さんを良く観察してみてください。(内股歩行の子供たちアンケート では、約90%の子供たちはぺちゃんこ座りをしていたか、現在もしています)  当院の内股歩行のお子さんには、これらの筋骨格系検査の他に機能神経検査を行なっています。この検査は脳のアンバランスをチェックいたします。成長期には、脳は左右の脳が均等に発達していくことが望ましいのですが、例えば、ゲーム時間長かったり、逆に外での飛び跳ねる時間が短かったりすることにより脳への刺激が偏り機能神経の正常な発達を妨げている可能性があります。この機能神経の左右差を取り除くことも、内股歩行の改善には重要と考えております。  最近、多くの子供達を検査・評価してきた思うのは、内股歩行は、単純な筋骨格系の問題ではなく、成長過程においての神経機能の低下や亢進など複雑な問題が絡み合って起きている可能性があるということです。 ■内股歩行の子供たちに対しては、三つの可能性について検査・評価・施術しております。 ①筋骨格系に問題(骨盤、股関節、膝関節、足関節など) ②機能神経系の問題(脳の左右バランスなど) ③上記①と②を合わせ持った問題 文責:木津直昭 *出典:筋骨格系のキネシオロジー(医歯薬出版)Donald A.Neumann(make move)LanguageThis page has been automatically translated. Please note that it may differ from the original content.

KIZUカイロプラクティック アイコン Tokyo Japan bridge
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
weekday 10:00~20:00
Saturday 9:00~17:00
Excluding public holidays