2022February this year

子供の姿勢を観察する!

Observe the child's posture!

子供の内股歩行で来院される方が増えています。 来院された子供たちのアンケート結果より、赤ちゃんから幼少期にかけての、ハイハイやその後の座り方(イラスト:ぺちゃんこ座り)なども影響しております。 10歳ぐらいまでに自然に回復するケースもあるのですが、最近の内股の子供たちは、経過観察したのち変化なく来院されている子供が増えております。 また、お母さんは隣で歩くことが多く、あまり後ろ姿に気がつかないで成長しているというケースも見受けられます。(運動会で初めて気づいた等)お子さんの後方から歩く姿を一度観察してみるのも必要と感じております。 子供はあっという間に大きくなりますよね! 座り方や歩き方など、子供の成長を少し違った角度からも観察してみましょう! 上写真のお子さんは、いつもの正座をしてもらいましたが、左股関節は内旋していて、軽くぺちゃんこ座りをしているのと変わりませんので、注意必要です。 文責:木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

抗重力を味方につける!

Put antigravity on your side!

明日2022年2月12日 21時から開催予定の 抗重力ウォーキング オンラインセミナー お陰様で定員になりました!  今回の『抗重力ウォーキングセミナー』でお伝えしたいのは、身体の持っている自然な機能を使えば、楽に負担なく、床反力を使って歩けるということです。重力を味方にしない時、皆さんが感じる痛みや不調の原因として大きな比重を占めていると思っています。人は重力に負けてしまうとカラダのどこかに載せます。  関節だったり内臓だったり、様々な組織に負担をかけてしまうのです。但し、人間にはこの重力に拮抗する働きを持っているのです。この機能を使うのが抗重力ウォーキングなのです。 重力を味方につけるか否かで人生が変わってくるのです! このコロナ禍だからこそ外へ出て重力を味方につけて颯爽と歩きましょう! 文責:木津直昭 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Antigravity Walking Seminar

抗重力ウォーキング オンラインセミナー開催のお知らせ 今回のセミナーは、親御さん向けですが是非、お子さんとご一緒に視聴してください!  日本人の70歳以上の95%は変形性疾患( 膝・腰・股関節)に罹患しているという報告があります。(東大22世紀研究)闇雲に歩くと変形性になっている可能性が高いのです。その原因は、重力の存在です。重力を味方に付ける歩き方『抗重力ウォーキング』は、全ての方に必須の歩き方だと確信しております。是非、この抗重力ウォーキングを多くの方に知ってもらいたいと思い企画いたしました。このコロナ禍だからこそ外へ出て重力を味方につけて颯爽と歩きましょう!  今回のセミナーでは、カラダを抗重力にさせる歩き方のコツや姿勢ニュートラルリセットエクササイズを含めた内容の濃い70分になります。希望者には、事前に歩き方動画を送って頂き、パーソナルな歩き方分析もいたします。 受講料:3000円(募集人数20名)残り5名様 日程:2月12日(soil) 21:00~22:10(質疑応答含む) 講師:木津直昭 申し込みは、以下予約フォームからよろしくお願いいたします。 入金確認された時点で確定になります。(申込期限:2月10日) 詳細&申込フォーム https://forms.gle/Pn8kUo2FzuuzVyaD9 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン Tokyo Japan bridge
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
weekday 10:00~20:00
Saturday 9:00~17:00
Excluding public holidays