内股歩行症例ケース(1歳4ヶ月児)

内股歩行症例ケース(1歳4ヶ月児)

1歳4ヶ月児 内股歩行の改善ケース



両足内股O脚&両足首が内反足でした。
頚椎と骨盤への介入(入力)を継続的に行ってきました。

施術開始時、Before動画が1歳4ヶ月です。
ベビーカーに座ってると身体が右に傾向いてしまう。
両足O脚で足関節内反が気になって来院される。

症例動画はこちらからご覧ください。

動画を見ても明らかのように両足O脚で内反足が強い状態でした。
その後月に2回、機能神経へのアプローチを骨盤と頚椎から施術を継続する。

After動画が2歳です。
効果が徐々に出てきました。
カラダが右に傾くクセも改善し、内股O脚も改善傾向になってきました。