先天性股関節脱臼へならないようにする育児習慣

Parenting habits to prevent congenital dislocation of the hip joint

The hip joint has a shape in which the hemispherical part (femoral head) on the femoral side is in the recess of the pelvic side (the mortar). The condition in which this hip joint was not congenitally compatible was generally called congenital hip dislocation, but in many cases it is rare that the joint that is completely dislocated at the moment the baby is born, and the joint that is unstable at birth often gradually shifts to dislocation, and recently, especially in the United States and Europe, the word "congenital" is not used, and developmental Dysplasia of the Hip (stunted hip dysplasia).
この徐々に脱臼へと移行させてしまう原因があります。それは親側のちょっとした育児習慣の蓄積によって股関節の脱臼を誘発してしまう可能性もあるので、以下の三つのポイントに注意しましょう!

■育て方の気をつけて欲しいポイント3つ

1, Diaper
 おむつは両脚がM字に曲がり、自由に脚を動かせる状態の股おむつにしましょう。サイズの合わない小さいものでは締め付けるようになるため、脚が自由に動かしにくくなってしまいます。「おくるみ」のように両脚が伸びた状態で固定しないようにしてください。また、おむつの交換時に赤ちゃんの両足をお母さんの片手で持って引き上げるようにしないで、お母さんの手のひらを赤ちゃんのお尻の下に入れて持ち上げて交換してください。

2. Cuddles
 抱っこは「コアラ抱っこ」をしましょう。赤ちゃんを正面から抱くと、両膝と股関節が曲がったM字型開脚になります。コアラが木につかまっているように、いつも赤ちゃんの両脚の間にお母さんの手を入れるように習慣づけて下さい。抱っこひもでは、「正面抱き用の抱っこひも」はM字型開脚になるので、使用は問題ありません。「ベビースリング」を横抱きに使用することは、開脚の姿勢がとれず両足を伸ばした状態になるので止めましょう。

 3、向き癖
 寝ているときに向き癖がある場合、反対側の脚が立て膝になり、内側に倒れた姿勢になって脱臼してくることがあります。向き癖側の頭、体をタオルやマットで持ち上げて、反対の脚が外側に倒れて開くように工夫してください。

*育児のちょっとした習慣を変えるだけでお子さんの成長過程においてのマイナス要因を減らすことができます。
Even if it is a subluxation, for example, even if it is a dislocation of the hip joint this time, the effect may be a factor of knee and hip disease in adult life. Learn important parenting habits during the growth process!

*X-ray image is a normal hip joint AP image of an 8-year-old child (red circle is a growth plate)

source:
Department of Orthopedic Surgery, University of Tokyo Hospital
■FY2016 Japan Agency for Medical Research and Development Research Project on Overcoming Adult Diseases
Study on effective implementation of screening, etc. based on disease epidemiology of infants and infants

Written responsibility: Naoaki Kizu