2020ano

2020年11月7~8日 第一回キッズイベント開催報告!

20207 a 8 de novembro de 2010 O primeiro evento infantil realizou reportagem!

2020年11月7日、8日、第一回キッズイベントを開催しました。 テーマは子供たちの人生を変える! 親が子供のカラダドクターになってもらうスキルを熱く語りました!  今回は子供たちの姿勢の問題やトレーニング方法について座学と実践を交えてプログラムを組みました。 はじめての試みとして、1日目は、夜に親御さん向け座学2日目の朝、実践をリアルとオンラインで親子向けに同時開催いたしました。リアルは、コロナ対策として、人数制限をし小規模での開催といたしました。 オンライン座学は25名の親御さんが参加してくれました!?? 1日目には、子供の姿勢・成長・運動に関する総論、そして各論として子供たちの内股歩行の分析の仕方のポイントやメカニズムを解説し、2日目には親が実際にカラダドクターとして子供のカラダ分析を実践してもらいました! また、コーディネーショントレーニングを親子で一緒に行い、子供たちが大喜びでした! ご参加頂いた皆さまありがとうございました! カメラ二台の切り替えや照明など導入し、本格的になってきました! ======================= ご参加頂いた親子より以下の感想頂きました! ======================= 1.多くの事を勉強出来た事が、よかったです。 大人(親)が気づき、一緒に楽しむのが大切だと、気づかせてもらいました。 2.1日目に座学を行なって、2日目に実践を行うのでとてもわかりやすいです。 親がまず実践するということがとても大事なのが良くわかりました。 3.子供の成長過程の中で、どのよう点に親として気をつけて見てあげるとよいのか、どのように子供に注意してあげればよいのかを知ることができたことがとても良かったです。 4.内股歩行について、何歳までにどのポイントを気にすればいいか明確に示してくださってわかりやすかったです。 身体の動かし方も、子どもの興味の持たせ方から教えてくださり、親子で楽しんで取り組んでいきたいと思いました。 説明が前日にオンラインであったので、会場での長い説明がなく、子どもが飽きずに参加できた点が良かったです。 動画を後から復習できるのも助かりました。 5.子どもたちが何より楽しそうでよかった。また親子、家族で楽しめるイベントでしたね。 私は今回のイベントで、あらためて、子どもたちは自ら成長する力があるから、大人はそれを見守るとともにうながす環境を提供するのが大事だなぁと思いました。大人は未来像を見据えた目線、「どうしたら子どもに興味を持ってもらうことができるか?」などを考える大人の目線、子どもたちと同じ目線を持ちたいなと。 ただただおとなも子どもお互い楽しい時間を共有したいっておもってるのに難しいのはなぜか、そこに社会や政治の力を注いでほしいなとおもいました。 6.このコロナ禍における子供達の現状を知り、また、何かしらのアプローチしていかないと確実に弊害がうまれるという現実。 7.子供の運動神経を高めるための遊び方がとてとシンプルででも楽しめるものだったことが生活に取り入れやすくて良かったです。 兄弟でも内股とそうでない違いが分かり、とにかく裸足で外を走るということがとても参考になりました。 姿勢が変わると子供たちの人生が変わります! キッズイベントは、今後も継続していきたいと考えております! 木津直昭 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

子供姿勢改善グッズについて

Sobre bens de melhoria de postura das crianças

Muitas vezes recebo perguntas sobre bens de melhoria de postura das crianças. "Posso melhorar minha postura usando bens de correção de postura?" 』 ? ①浮き指改善グッズ 浮き指は踵重心になり足先が浮いてしまいます。浮き指の子供たちが増えています。患者さんを見ていると、そのまま大人になっても変わらず、浮き指な方も少なくありません。 ? (2) Espartilho de melhoria de gato (torcedor) ?É verdade que as crianças agora têm más posturas tanto que só gatos altos podem vê-los. A aparência, causando a postura à força, não é possível fazer o seguinte um pouco. ? (3) Espartilho de alisamento da virilha interna (Gibbs) ?É certo que o número de crianças que caminham na virilha interna está aumentando. É um gibbs que corrige a torção da tíbia do joelho para baixo. É o único a corrigir a torção fixando-a, como usá-la quando dormindo.? Existem vários bens de correção de postura, como o acima sobre três problemas. ? Aqui está minha visão. ? Temos que fazer algo sobre a atitude das crianças! Eu sinto o mesmo! E certamente, a diferença pode ser óbvia quando você colocá-lo nessa parte e se você não fizer. ?Mas o que é importante aqui é que o corpo precisa pensar nisso como um todo. Eu não acho que você deve capturá-lo com partes. ?O corpo inteiro funciona em uma cadeia conectada. Inibe o movimento do todo quando pego com uma peça. Acho que a correção no movimento natural é necessária. ?左画像:向かって左側は子供の気をつけ姿勢ですが、浮き指で猫背で反り腰です。 (ぽっこりお腹でもあります。) 右画像:向かって右側は、床からの反発力をカラダに伝えるための背骨・骨盤の調整後です。明らかに改善しています。 床からの反発力をカラダに伝えるためには、上行性運動連鎖が正しく働く必要があります。 全てが連鎖で起きているのです。この連鎖を治すには全身の連動を修正させないといけないのです。 先天性の問題や強い痛みで日常生活に支障をきたすような場合を除き。安易に姿勢改善グッズで子供の成長を阻害するようなことはしないで欲しいと願うばかりです。Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

Tratamento interno da virilha: Voz do pai

息子が内股で悩んでいたのですが、この病院をホームページで見つけてすがる思いで。 通院して3週間。現在まだ通院中ですが本当にみるみる変化を遂げて幼少期からサッカーをやらせていたのですが、全く浮かず飛ばずのボールが今ではたったこの3週間のトレーニングで本当にしっかり蹴れるようになりました。 感謝しかありません。 かんたパパより ======================== かんたパパさんありがとうございます!息子さんがんばっていますね!明らかに体幹もできてきたし、足の内股も改善方向に向かっています。そして何より本人が治そうと思い始めているのが一番です。一緒にがんばりましょう! 院長 木津直昭Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

第一回キッズイベント『子供たちの人生を変える!』

O 1º Evento Infantil "Mudando a Vida das Crianças!" 』

コロナ禍だからこそ今、子供たちの身体を変える! 親が子供のカラダドクターになれる体験講座 ■下を向いてYouTubeばかり見てないですか? ■勉強机にかじりついていないですか? ■外遊びがめっきり減っていないですか? ■最近、捻挫したり、よく転ばないですか? ■親が子供のからだを変えることができたらいいと思いませんか? 一番近くにいる親御さんが、身体のからだをチェックできたり、子どもに合ったトレーニング方法を知ってもらうためのイベントです!それは、親が子供のカラダドクターになってもうのがベストだからです! 【日時】 11月7日(土) 21:00~22:00(お父さんお母さんオンライン) 11月8日(日) 10:00~11:30(親子一緒に対面実技) 【8日会場予定】  渋谷最大級のスタジオ『Studio Mission』 【イベントスケジュール】 子供の成長と運動機能について(7日 オンライン) 子供の身体機能障害について(7日 オンライン) 親子一緒にコーディネーショントレーニング体験とセルフ子供関節チェック(8日 対面講義ORオンライン) 【参加方法と受講料】50家族(100名) 子供年齢 5才~12才 ①親子(親一人、子一人参加) ¥2,000  一人増えるに付き +500円 ②ペア割り(親子二組以上の参加)     ひと家族ごと 500円引き(それぞれの家族が500円引きです) 詳細と申込はQRコードからご覧くださいませ! お問い合わせ:03-3272-1939(KIZUカイロプラクティック) Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

小学生の内股歩行検査(脛骨捻転)

Teste de marcha da virilha interna para estudantes do ensino fundamental (torção de tíbia)

Como um método de teste para andar na virilha interna, há um teste para avaliar a torção da tíbia. O estado de torção da tíbia contra o fêmur é medido com um proditor especial. O aluno do ensino fundamental (9 anos) nesta foto tinha uma hemorragia interna com um pé esquerdo de 12 graus e um heer externo com uma perna direita de 8 graus. Como a bainha interna do lado esquerdo era um pouco forte, a torção do tronco foi tratada, e o plano de tratamento, incluindo o exercício que foi capaz de usar a força de reação do chão firmemente foi construído. O seguinte teste geral de torção da tíbia e sua avaliação tíbia torção,Há uma torção para o exterior (torção externa) e uma torção interna (torção interna). A tíbia externa é um fenômeno normal que ocorre com o crescimento.,Muda de 0 graus ao nascer para 20 graus por idade adulta. É raro um estranho ser um problema. Baias internas são comuns ao nascer.,Normalmente desaparece com o crescimento. No entanto,A torção excessiva pode ser devido a problemas com o sistema neuromuscular. Torção também pode ocorrer com a doença de Blount (articulação do quadril,Extremidade inferior,e anormalidades inned nas pernas : Anti-joelhos internos e externos). Torção excessiva dura muito tempo,Há uma coisa que vem para a caminhada interior girando e perna Ó. Para avaliar a torção da tíbia,Medindo o ângulo do eixo do pé e do eixo da coxa em um estado em que a articulação do joelho está dobrada 90 graus na posição abdominal. Normalmente, o ,O eixo do pé está 10 graus fora do eixo femoral. Diretor Naoaki KizuLanguage Esta página foi traduzida automaticamente. Solicitamos atenção no uso das informações fornecidas.

Acompanhamento de um ano dos ombros e caminhadas da virilha dos alunos do ensino fundamental (sequela)

考察: 内股歩きの小学校4年生(9歳)の男の子 前回のブログに症例報告した小学生ですが、その後1年経過観察し、月に一度施術を継続し経過良好です。 来院時(2019年4月)、左動画のように内股歩行で巻き肩・猫背で左右とも内股でペタペタ歩いていまいた。 右動画(2020年2月)、前回6月の動画では、少し意識して外股にしている様子がありましたが、今は、意識せずに自然な歩行で内股が改善しています。 猫背は改善され、肩甲骨の動きがまだ固いですが、内股歩行に関しては親御さんが日常で確認していても、ほとんどしなくなったとの嬉しい報告です。 自宅でのセルフエクササイズでは、本人に自覚もでき継続しているおかげで体幹はかなり強化されました。 本人も姿勢の改善と内股歩き克服でき『良い姿勢』が楽と感じ始めているようです!Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

KIZUカイロプラクティック アイコン Ponte do Japão Tóquio
KIZUカイロプラクティック

03-3272-1939
Semana 10:00~20:00
Sábado 9:00~17:00
Excluindo feriados